美容室 開業 自己資金 目安

このエントリーをはてなブックマークに追加   

美容室を開業する際の自己資金の目安

美容師は以前から人気が高い職種になり将来就きたい職業として目指す方も多く、職に就くためにまずは専門学校で学び国家資格を得てから美容室に勤務するルートをたどる事になるのですが、その先のキャリアアップとしては独立を目指す事になります。

 

ただ美容師として勤める中では給料もそう高いわけではなく、近年では平均年収がおよそ280万円で月収に関してはおよそ23万円ほどとされており正社員以外の雇用も多く、他の業種と比較しても決して恵まれている状況にはありません。

 

こうした中では独立のための資金を貯蓄する事も難しい状況にあるのですが、美容室を開くにあたり必要となる自己資金の目安はどれくらいの金額になるのでしょうか。

 

まず美容室を開業するにあたり必要となる開業資金についてですが、立地やテナント賃料など様々な要素により大きく変わる事になりますので一概には言えない部分もあるのですが、一般的におよそ1000万円ほどが掛かるとされています。

 

1000万円という金額を見た時に率直に高過ぎるとお考えの方も多いのですが、この費用の内訳としてはテナント賃料・内装工事費・設備費・広告宣伝費・人件費・当面の運転費など様々な費用が含まれていますので、開業にあたり全てをあわせるとおよそ1000万円ほどは必要になるのです。

 

続いてこの店を開くための資金1000万円の内どれくらいのお金を自己資金として拠出するかについてですが、一般的にはおよそ5割の500万円ほどを充てることが理想とされています。

 

つまり独立するまでの段階で500万円以上の預貯金が必要になりますので、まずはこの数字を目標にして現在のお勤め先で仕事に励み、また場合によってはご自身のキャリアアップと収入を上げる事を目的にして同業他店への転職を考えることも一つの手になるのです。

 

ただ開業資金1000万円と自己資金500万円の金額の目安は、どのような事業計画を立てたかにより少なからず変わる事になります。

 

例えば地価が安い場所に立地を変えて費用が安いテナントを探したり、店舗の内装工事も費用を節減したり、また必要となる美容機器を新品で買い揃えるのではなく中古も利用するなど、様々な見直しをする事によっても費用の目安は変わる事になります。

 

また事業計画をより確かなものにすれば金融機関からの融資金額を多くする事もできますので、足元をしっかりと固めておけば500万円を下回る費用でも店を開く事は十分に可能になるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加