美容院 開業 助成金

このエントリーをはてなブックマークに追加   

美容院を開業した際に受けられる助成金

美容院の開業に向けてはご自身でスキルを上げると共に人脈を構築する事も重要になるのですが、何よりネックになるのは費用の問題で非常に悩み深い物になります。

 

美容院を開業した際には助成や補助を受けることで負担を大きく削減できる場合があります。

 

助成や補助などは普段から馴染みがなくどのようなお金なのか分かりにくいものですが、金融機関からの融資とは大きく性格が異なり返済が不要なお金になり、一度受け取る事ができればその後に返す必要はまったくありません。

 

では具体的にどのような補助や助成があるのでしょうか?

 

国として行われている種類としては中小企業庁の中小企業基盤人材確保助成金、厚生労働省の受給資格者創業支援助成金・トライアル雇用奨励金・均衡待遇正社員化推進奨励金などを始めとして様々な種類があります。

 

まず中小企業基盤人材確保助成金とは店舗運営に際してスタッフを雇用する場合に受け取る事ができる助成で、有資格で2年以上の経験者1人に付き140万円の資金が受け取れます。

 

続いて受給資格者創業支援助成金とはこれまで5年以上勤務し雇用保険に入っていた方が独立する際に利用できる助成で、上限を200万円として開業より3ヶ月以内に生じた経費の1/3相当の援助が受けられます。

 

またトライアル雇用奨励金とはハローワークや職業紹介事業者などから紹介を受けてスタッフを一定期間雇用した場合に資金を受けられる助成で、3ヶ月間を限度に45歳未満の未経験者を試行的に雇用した場合に受け取る事ができます。

 

さらに均衡待遇正社員化推進奨励金とは技術レベルが同一である正社員とパートに対して給与も同一レベルにした場合に、働きやすい職場に改善した事に対して支給される助成になります。

 

続いて地方自治体の場合は都道府県の中小企業支援センターが各地に点在しており、〜県企業振興公社・〜県産業振興センター・〜県産業創出支援機構などの名称で運営されています。

 

また市区町村の単位では特に人口が多い政令指定都市で〜市産業創造財団・〜市産業振興センター・〜市産業振興事業団などの名称で運営されています。

 

それぞれでどのような助成があるか少々異なりますが条件があてはまれば資金を得る事ができるのです。

 

また独立行政法人ではベンチャー企業や中小企業などの起業支援を行なう中小企業基盤整備や、求職者向けと事業主向けの双方の支援を行なう雇用・能力開発機構などの助成もあります。

 

美容院の開業に際して活用できる制度は余すことなく利用すると良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加