美容院 自宅 開業 メリット デメリット

このエントリーをはてなブックマークに追加   

美容院を自宅で開業する場合のメリットとデメリット

美容院を開業する際には物件を借りるのではなく自宅に店舗を併設するケースも少なからずあり、街中を見渡す中では店舗を兼ねた住宅をよく見かけます。

 

美容院を開く際には一般的に物件を借りる事がまず選択肢として挙がるのですが、賃貸にはイニシャルコストだけでなくその後も家賃などのランニングコストも掛かります。

 

コストを落とすために住居と職場を一まとめにする事は考え方として正しいのですが、自宅で美容院を開く際にどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

まず自宅で開業する際にメリットについてですが、やはりコストの面で余計な出費を抑えられる点が非常に大きいです。

 

物件を借りる際に支払う保証金(敷金)・礼金・前家賃・仲介手数料などを節約する事ができ、また家賃の値上がりなどの心配もありませんので、初期費用と運転費用の双方で節減できます。

 

また住居に併設する場合には部屋の一室を仕事場として備え付けることになりますので、工事に際してはそれほど大きな金額になるわけではなく、スケルトン物件を借りた場合より費用が安く収まることも多くあるのです。

 

また家で開業すれば家族が経営を支えてくれますので、人件費の面でもコストを圧縮できる点もまた大きなメリットです。

 

またその一方で美容院を自宅で開業する場合のデメリットについてですが、店を開く際には立地が非常に重要になります。

 

住宅地のど真ん中に店を開いたのでは客足が遠のく可能性もあり、どこの土地に家を建てるか考えることは非常に重要です。

 

ただ居住と商売の双方に適した立地はそう多くあるものではなく、どちらか片方に傾斜した場合は商売が立ち行かなくなったり住み辛さを感じることに繋がりかねません。

 

またこれから土地を選ぶのではなくすでに土地がある場合は選択のしようが無いことからより慎重に見極める必要があり、ご自身の判断だけでなくコンサルタントなど専門家の助言も得た方が良いでしょう。

 

続いてデメリットとして挙げられるのは自身の生活空間と明確な境界線を引くことができないケースが挙げられます。

 

生活観が溢れた店舗はよく言えばアットホームな雰囲気ですが、美容を意識したキレイでスタイリッシュなイメージを保てなければ自然と顧客の足が遠のく事になりかねません。

 

さらに住宅ローンに関しても店舗面積が半分以下であればローンを組むことができるのですが、対象となるのはあくまで住居部分に限られますので、この点もまたよく考えなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加