美容室 開業 資金調達

このエントリーをはてなブックマークに追加   

美容室を開業する際の資金調達

美容室を開業する際には、ご自身の預貯金だけで全ての費用を賄う事は難しく、およそ目安となる1000万円を準備するためには不足分を補うための資金調達として金融機関からの借り入れを検討する必要があります。

 

中には借金を嫌い借り入れをせずに店を開こうとする方もおりますが、一般企業では融資を受けて事業を営むことは当たり前に行なわれていますので、綿密に練られた事業計画をもとに融資を受ける事は健全であり事業を発展させる原動力にもなるのです。

 

では美容室の開業にあたりどこで資金調達を行なえば良いのでしょうか。

 

候補として挙がるのは民間の銀行・信用金庫・国の金融機関・地方自治体の公的融資などで、銀行や信用金庫などについては馴染みがあり融資の申し込み先として真っ先に思い浮かぶ所でしょう。

 

申し込みに際しては縁もゆかりも無い銀行にいきなりお願いしても審査が通りにくいことがありますので、ご自身が貯金をしているメインバンクに融資を申し込んだり、または現在の勤め先の店舗が利用している銀行を紹介してもらう事も一つの手になります。

 

ただ銀行や信用金庫の場合は審査が厳しく融資を断られる事も往々にしてありますのであまりお勧めできず、そうした時には国の金融機関や地方自治体の公的融資などを利用すると良いでしょう。

 

美容室の開業では特に国の金融機関である日本政策金融公庫を利用するケースが非常に多く、国内の融資先数は93万企業にも登ることから身近な金融機関として活用する事ができます。

 

この日本政策金融公庫の特徴として挙げられるのは銀行などと比較をすると審査が通りやすい点で、また融資先の半数が小規模な個人企業になりますので、美容室の開業で必要となる資金調達先としてはもっとも適した金融機関となるのです。

 

申し込みに際しては必要となる資金のうち自己資金はおよそ1/3ほど賄う事ができれば借り入れできますので、1/2ほどの自己資金が必要となる他の金融機関よりも負担は軽減されます。

 

また地方公共団体の公的融資とは都道府県や市区町村などの自治体で実施されている融資制度になり、このあたりについては、お住まいの地域により制度の有無や内容が変わりますので、まずは問い合わせを行ないましょう。

 

自治体の融資制度も審査が通りやすく金利が低く抑えられている点が大きな特徴になりますが、融資を受ける事ができる期限や年度あたりの上限が定められていますので早めに申し込みを行うことが勧められます。

このエントリーをはてなブックマークに追加